WordPress サイト用のレンタルサーバー比較 2018

WordPressサイトを作ることを前提に、メジャーなレンタルサーバーの比較を行いました。サーバー会社は、毎年改良を重ね、選定のポイントとなる事柄も変化しています。サーバー選びの手助けになれば幸いです。

WordPressを使って企業サイトを構築する場合、まずPHPが使用できることと、MySQLなどのデータベースが使えることが条件になってきます。
格安レンタルサーバーでメジャーな、さくらのレンタあるサーバー、ロリポップ、スターサーバー(ネットオウル)を比較すると、Wordpressが使えるプランは、さくらインターネットが500円から、ロリポップとスターサーバーは250円のプランからになります。

500円代と250円の違いは、使えるデータベースの数で、250円のプランでは1つしか使えません。なので、アクセスが少なくてしばらく複数サイトを構築する予定もない場合は250円プランから始めることも可能です。

逆にガンガン更新していきたいとか、例えば、店舗の増設計画があり、店舗毎に異なるWordpressサイトを作りたい場合などは、複数のデータベース(DB)が必要になってきますから、500円代以上のプランを選択することになります。複数のWordpressサイトで1つのDBを使うことも可能なのですが5つ以上になる場合は分けた方が良さそうです。

安いプランから高いプランへの移行は比較的簡単に行えます。なので、規模が小さい場合は、250円プランから始め、ページ数が増えてきてWebサイトの数を増やしたくなったら、上位プランに変更するのが堅実なやり方でしょう。

それでは、250円プランから比較していきましょう。

250円プラン比較

この価格帯のプランがあるのは、LOLIPOP(ロリポップ)とスターサーバー(ネットオウル)です。

対象になるのは、
Wordpressでとりあえずブログを始めてみたい人や、
企業ページでも数十ページなどとページ数が少なく、機能も問い合わせフォームだけのシンプルな場合です。
アクセスが月数千程度で分散している場合はこちらのプランで問題ないと思われます。

サービス項目 ロリポップ
ライトプラン
スターサーバー
ライトプラン
容量 50GB 50GB
転送量 60GB/日 記載なし
月額費用 250 円(税抜)
1・3ヶ月で契約の場合は300
250 円(税抜)
3ヶ月で契約の場合は300
初期費用 1,500 円(税抜) 1,500 円(税抜)
税込初年度費用 4,860 4,860
ドメイン 独自ドメイン:50個
独自ドメインのサブドメイン:ドメイン毎に300
マルチドメイン:50個
サブドメイン:1,000個
ネットオウルのドメイン:3個
PHP5 / PHP7 ○(CGI版) ○(CGI版/モジュール版の記載なし)
メールアカウント 独自ドメイン無制限 500
SSL 共有SSL 無料独自SSL
特典 10日間の無料お試し 2週間の無料お試し
リンク [PR] ロリポップ!
スターサーバー

サービス的にはほぼ横並びな印象です。スターサーバーの方がnginxを使っているので早いかもしれません。また、ロリポップは1ヶ月のプランがあるので、短期間しか契約しない場合はロリポップの方がフレキシブルに契約できます。

500円代プラン比較

サービス項目 さくら
スタンダードプラン
ロリポップ
エコノミー
スターサーバー
エコノミー
容量 100GB 120GB 100GB
転送量 80GB/日 100GB/日 転送量課金なし
月額費用 515 円(税込) 500 円(税抜)
1・3ヶ月契約の場合600
500 円(税抜)
3ヶ月契約の場合600
初期費用 1,029 円(税込) 1,500 円(税抜) 1,500 円(税抜)
税込初年度費用 5,142 8,100 8,100
ドメイン マルチドメイン100 独自ドメイン100
独自ドメインのサブドメイン:ドメイン毎に500
マルチドメイン無制限
サブドメイン:3,000
PHP5 / PHP7 ○(モジュールモード) ○(モジュールモード) 記載なし
MySQL 20個 30個 20個
メールアカウント 無制限 独自ドメインのメールアドレス:無制限 1,000個
SSL 無料独自SSL 共有SSL 無料独自SSL
オプション独自SSL可
サポート 電話・メールサポート無料 電話・メール・チャットサポート無料 問い合わせフォーム
特典 2週間の無料お試し 10日間の無料お試し 2週間の無料お試し
リンク [PR] さくらのレンタルサーバ
ロリポップ!
スターサーバー

さくらのレンタルサーバーは初期費用が他に比べて安く、年間払いにした場合の割引率が高いです。年間払いにするならさくらのレンタルサーバーがおすすめです。
1ヶ月単位で契約したい場合、より容量が大きい方が良い場合、電話以外にチャットでのサポートを希望する場合は、ロリポップがおすすめです。
表示スピードを重視する場合、サブドメインをたくさん使いたい場合は、http/2を採用しているスターサーバーがおすすめです。
※上の表には載せませんでしたが、http/2は新しい転送方式でより迅速に通信が行える形式です。

WordPressのプラン比較いかがでしたでしょうか?サーバー会社の特徴を理解し、ニーズに合った最適なプランを選んでください。

レンタルサーバー選びにお困りですか?

サーバーのプランは毎年サービス改定などが行われ、どんどん変わっていきます。プランを変更することで、年間コストが下がる場合があります。
アトリエースでは、サーバーの選定、Wordpressの引越し、無料SSL対応など、対応可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です