ホームページのSSL化の必要性

SSLというのは、簡単に説明すると、ホームページを訪問したお客様の端末と、実際にページのデータが置かれているサーバーの間の通信を暗号化する技術です。

常時SSL化されたページでは、お問い合わせフォームに入力されたデータが送られる時に暗号化されたり、悪意を持った誰かがコピーして偽サイトを作成してもそれが偽物だとわかる仕組みになっており、SSL化されていないホームページよりも安全性が高くなります。

パソコンからホームページを見る時に、IE(インターネットエクスプローラー)を使っている人が多いと思いますが、現在日本でもっとも使われているのは、Google Chrome (グーグル クロム)というGoogle社の提供するソフトです。

Google社は、常時SSL化を推奨しており、Chromeでホームページを見ると、SSL化されていないページには、「保護されていない通信」という警告が表示されるようになりました。こういった表示がされると、お客様に悪い印象を与えてしまうため、常時SSL化に対応する企業が最近増えています。

まとめ

常時SSL化に対応することで、より安全性の高いホームページにすることができ、お客様のセキュリティに配慮した企業と考えられる、それがSSL化対応をする大きな理由です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください